10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.09 (Thu)

和風ロール白菜

IMG_4622.jpg  



こんばんは~。っとお久しぶりです。

今日はとっても寒い日でした。朝、自転車に乗って駅に向かってると、耳が冷たくって痛かったです。冬に入って初めてのキーンとした寒さです。そんな時は温かほっこりしたものを食べたくなりますね。今晩は、白菜に豚肉を巻いて和風の味付けで頂きました。とろみをつけて薄味でもしっかり味を感じさせて、スープも飲めちゃいますよ。片栗粉でとろみをつけると冷めたときにさらっとしてしまうけど、少し冷めてもとろみを持たせたいときはコンスターチを使います。では、レシピです。




和風ロール白菜  2人分

白菜(小ぶり物) 6枚
豚ローススライス  6~8枚
塩・胡椒     少々
小麦粉      少々

人参       1/3本
春菊       2枝

出汁       200ml
醤油       大匙1/2
みりん      大匙1/2
酒        大匙1

片栗粉      小匙2~
同量の水で溶く

1.白菜をレンジ(500W)で3~5分蒸し、マナ板で芯の部分を軟らかくさせるために包丁の背でたたく。
 人参は、0.5cm角に切る。春菊は、枝と葉に分けて、枝を細かく刻む。

2.一枚ずつまな板に並べそこへ、お肉を乗せて、塩・胡椒、小麦粉を振る。芯のほうから巻いていき、巻き終わりを下にして鍋の淵にそって並べていく。隙間ができないように詰めていく。その上に人参を乗せる。

3.出汁を注ぎ、調味料を入れ、沸騰するまで中火の強めで煮て、中火の弱めにし、あくをすくう。蓋をして白菜がくったりとなるまで煮る。

4.煮えたら、鍋に煮汁を残しておいてロール白菜をお皿に盛る。煮汁に春菊の枝を入れさっと煮て、片栗粉でとろみをつけて、ロール白菜にかける。春菊の葉を添えて頂く。

ポイント

おかずなら、しっかりとろみを付けたいときは、片栗粉の量を多めにしてね。
濃い味が好きならば、醤油・みりんの量をお好みの濃いさに変えてみてね。




IMG_4616.jpg

これは今日のお弁当です。

・かぼちゃの甘煮
・煮豆
・ししゃも
・茹で卵





『ブログ村』『レシピブログ』などのランキングに参加してます。

楽しい食卓を共有できたらな~と思ってます。

不器用ながら更新していきますので皆さんよろしくお願いいたします。

皆さんの『お家でごはん』が楽しい食卓でありますように

あなたのワンクリックでポイントが入ります。

よかったら下のタグをぽちっとよろしくお願いします。

   にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ



引き続き、先週の料理教室の事を書きました。
よかったら読んでね。

【More】

IMG_4602.jpg


先週の日曜日に、『賛否両論』の笠原将弘さんの日本料理を習ってきました。

受講した方の年齢層が幅広いことに驚きました。人気なんだな~っと。

笠原将弘さんのお料理を習いたかったのは、以前、図書館でレシピ本を借りていろいろ作って、とっても美味しかったのがきっかけです。

習うからには、いろんなことを学びたいな~と欲をだし、3時間のレッスンはあっと言う間。集中してたせいか、終わった後はすっごく疲れてました。
ほんとに、学ぶことが多くて、必死にメモをとって、家に帰って実践してる毎日。レッスンの内容はコク、デモストレーションの一つ一つが見逃せませんでした。野菜の切り方、野菜を炒め終えるタイミングなど。レシピも応用の仕方など、こんなに丁寧に教えていただいて本当にいいの?っと思うくらい。そんなところが人気なんでしょうね。
今回のレッスンに限らず、レシピ本のお料理も作りやすくて、どこかお洒落な所が好きになりました。また、習いに行きたいな~と思ってます。アシスタントの方もとっても感じがよくって楽しい時間が過ごせました。

来年もレッスンがあるみたいなので興味のある方はこちらまでアクセスしてみてね→
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

タグ : 豚肉 簡単

21:59  |  和食(主菜)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://murachi7.blog136.fc2.com/tb.php/510-23c58775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。