09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.15 (Tue)

たらの中華鍋と”あんこう鍋レポート”


こんばんは!murachiの家へようこそ! そして、数あるブログの中から遊びに来てくれて嬉しいです。

寒さが増してきましね。朝、目覚めて『さぶぅ~』と思いました。

なかなか冬らしくならず、セーターのを着ることがありませんでしたが、こんなに寒いならと思い、慌てて厚着の準備です。

そして、温かいお料理が食べたくもなります。

なので、沢山のお野菜とたらの中華鍋を作ってみました。覚書しておこっと

『たらの中華鍋』 2人分

たら(ぶつ切り) 2切れ
○醤油   大匙1
○にんにく(すりおろし) 小匙1
○ごま油  小匙1

白菜   5~6枚(お好きなだけ)
豆腐   1/2丁
にら   1束
白菜キムチ 適量

煮干しの出汁
□水   4カップ
□にぼし 10~20g
◆塩  ひとつまみ
◆醤油 小匙1
◆酒  大匙2

?鍋に水と煮干しを入れて煮詰めて出汁をとる。

?たらに○の調味料をあえて漬けこむ。
 
 野菜と豆腐は食べやすい大きさに切っておく。

?鍋のだしが取れたら、煮干しを取り出し◆の調味料で味を調える。

 漬けこみ調味料ごとたらを入れる。野菜を入れて煮込む。

 食べるときにキムチを入れていただく。

出来上がりです。料理研究家の小林カツ代さんのレシピを工夫して作りました。

夫は”キムチ”があまり好きではないのですが、私がどうしても食べたかったので少量いれちゃった

辛いけど、体をより温めるために・・・




そして、先日、murachi家の忘年会を兼ねて、アンコウ鍋を食べに行きましたよ。

場所は、”神田”です。いせ源

そのアンコウ鍋専門店は老舗だそうです。建物がなんと古く情緒があって、一昔にタイムスリップしたかのよう。



店内も畳敷きに座布団、テーブルコンロで、机も昭和を思わせる。いやもっと昔を思わせる様なレトロな感じです。

予約のかただけ個室ですが、大座敷に老若男女で和気あいあい、雰囲気にのまれて二人で宴会気分を味わい

普段お酒を飲まない夫もほろ酔い気分で帰りました。

玄関でアンコウがお出迎え 看板娘?


ランキングに参加してます。最後にポチっとして頂けたら嬉しいです。   

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へにほんブログ村

まだまだの腕前ですが、応援して下さりありがとうございます。また、遊びにきてね。
関連記事
スポンサーサイト
22:33  |  2009~2010.10gooブログ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

銀髪ばあさんへ

夫様にいろいろ連れってってもらわなきゃね!
murachiより |  2009.12.16(Wed) 23:05 |  URL |  【コメント編集】

Unknown

「たら鍋」に「アンコウ鍋」美味しい季節です♪
キムチ入りのたら鍋は~温まりそう♪
良いな~~~ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ
日本酒かな?ビールかな?
羨ましい!!
うさぎぴょん♪ |  2009.12.16(Wed) 21:21 |  URL |  【コメント編集】

Unknown

このたらは・・・スケトウダラですね?
新潟は鱈鍋といったら、真鱈ではなく、スケトウダラなんです。
なので嬉しくなっちゃいました。
私はキムチ大好きなので、ウェルカム♪です。

あんこう・・・おぉ、なんてインパクトのある画像なのでしょう。
神田は今、都内でもっとも気になっている場所なんです。
よく行くお蕎麦屋さんのご主人おすすめのお店があるんですよ。
雰囲気がすてきだなぁ、神田、行きたぁい!
OH!みつみつ |  2009.12.16(Wed) 17:21 |  URL |  【コメント編集】

Unknown

タラと白菜の鍋、これね、父の大好物のコンビ鍋なの! 小さい頃よく食べたな~♪

忘年会を兼ねて、アンコウ鍋を食べに・・・だなんて、格好いい~\(^O^)/ アンコウ鍋なんて、私、食べたことがないよ・・・(T_T) 超豪華鍋!!! 食べてみたーい!!

今日も応援。
ロッキン |  2009.12.16(Wed) 09:11 |  URL |  【コメント編集】

Unknown

タラと白菜の鍋、安上がりでいいですねえ
神田のアンコウ鍋、創業180年といえば、味も本物だったでしょう。若いうちに本物の味を覚えておく事は料理する人にとって大事なことです。大いに旦那様に本物の料理を食べさせてもらってください。
銀髪ばあさん |  2009.12.16(Wed) 08:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://murachi7.blog136.fc2.com/tb.php/306-3d6e9ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。